スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>

あと何年元気で・・・ふと考える時がある!



井上陽水 「人生が二度あれば」

あと何年元気でいられるか?なんて・・・ふと考える時があります!

先のことを考えても…??
と思いなおしますが…そんなに先のことでは…?

しかし、今日と言う日を精一杯生きるしかありません!


メタボ対策も十分にやるしかありません…!


人生50年…昔だったら私は、しんでいる歳ですね!

明日の朝も散歩をします…!
井上揚水の曲が悲しく聞こえます…!


暴落・塩漬け・ロスカット。あなたの銘柄は大丈夫ですか?
現在この不安定な株式市場でリスク無しで渡っていくことは困難です。
まずはあなたの保有銘柄を無料にて銘柄診断します。









にほんブログ村 病気ブログ メタボリックシンドロームへ



JUGEMテーマ:メタボ


肥満は、脂肪組織が余剰のために蓄えられたことです。
そのうえ、肥満度指数25を上回るとき、複雑化の始まり頻度はより高くなります。
しかし、代謝異常が個々の例の肥満程度に、そして、そこで必ずしも関連させない。高血圧は、そうそれでないものです。
そして、医学的に見て、そして、それが「肥満症」として体重減少処置で必要である肥満を診断します。

国の調査の栄養によると、1960年代の後の日本のエネルギー採用者は、減少する傾向を示します。
しかし、それは最後まで全体としてのデータです、
エネルギー摂取(年々糖質減少の取入れ)の行き詰まりで脂肪の採用者が、増加し続ける、そして、大人の3分の1第1の緊要性の量を上回って、そして、それを連鎖します。
肥満判断標準のBMIを調べた調査は、それ以外の明らかに反映されます。それによると、それ以上である肥満者がBMI 26が占めると判断した比率に関しては、それは12.3% 11.9%で肥満。そして、日本では、男の8人に一人は肥満です、そして、女性の6人の1人は肥満者です。

そのうえ、狭心症、心筋梗塞、脳血管発作、糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化、肥大がより悪いなどの原因になることが簡単であるので、注意は必要です。

スポンサーサイト

Trackback
皆さんこんばんは〜 昨日は、NYダウが大幅下落で、日本株式も大暴落でしたね おかげで、大きな損切りを出す取引結果となりました 本日のスナイパートレードさん のところを参考にした取引結果です ■イオンクレジットサービス【8570】 8月30日 1,192円 300株買い
株式投資でミリオネーゼ | at: 2008/09/05 11:15 PM