スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>

高血圧でも医療機関「受診しない」が4割


○「手首高さガイド」付で正確さアップ。
『オムロン デジタル自動血圧計 HEM−637IT 1台』《送...



あなたも高血圧症ですか?
自覚症状のない高血圧症を毎日の忙しさに…?
怖い病気なのは、知ってますよね…?


高血圧でも医療機関「受診しない」が4割――脳卒中に関する意識調査

ファイザーは、全国の40歳以上の男女4,700人を対象として脳卒中に関する意識調査を行い、その結果を公表した。LDLコレステロールの検査値が高いなど、脳卒中の危険因子を持つ人でも予防の意識は低いこと、脳卒中への関心は地域差が見られることなどが明らかになった。

脳卒中の危険因子としては「高血圧」の認知度が最も高く、全都道府県で90%を超えていたが、自分が高血圧だとわかっていても医療機関を受診していない人も38.0%に上った。また、LDLコレステロールの検査値が正常範囲より高いにもかかわらず、そのうちの57.8%の人は医療機関を受診していない。医療機関を受診しない理由の第1位は、「生活習慣を変えることで改善しようと思ったから」だが、実際に改善に取り組んで継続できている人は約半数にとどまっている。

全国的に脳卒中の理解度は高いといえ、7割以上の人が「だいたいどのような病気か知っている」と回答しているものの、「いわゆる高血圧と診断される値はいくつだと思いますか?」という質問に対して、「収縮期140mmHg以上、拡張期90mmHg以上」と正しい基準値を選択した人の割合は38.7%にとどまり、全国で6割以上の人が正確に把握していないことがわかった。正しい血圧値を選択した回答者の割合が最も高い県は53.0%の新潟県、最も低い県は26.0%の石川県だった。

「TOKYO体操」は五輪招致の機運の盛り上げと、若い世代の運動不足解消を目的に作られた。難しいステップなどもあり、ラジオ体操に比べて激しい動きも盛り込まれたのが特徴だ。
 また、年配者も含め幅広い世代が楽しめるよう、椅子に座った状態でできるやさしいバージョンもあり、肩こり解消やメタボリック対策として無理なく続けられる健康体操としての普及を目指している。


もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛術
『極楽育毛革命』






自動車保険一括見積り - 保険市場Autos

保険比較の保険市場











にほんブログ村 病気ブログ メタボリックシンドロームへ

JUGEMテーマ:メタボ


スポンサーサイト

Trackback
2016年五輪招致を目指す東京都は12日、誰もが楽しくできる新しい健康体操として考案されたオリジナルの「TOKYO体操」を作った。...
メタボリックシンドローム | at: 2008/09/13 1:52 PM