スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>

どうする高血圧?

高血圧

血圧にはサーデンペプチドは体内で血圧を上げる成分が作られるのを、ブロックする働きがあります。
サーデンペプチドとはイワシですね!

イワシにも種類があるそうです。
高血圧はイワシ

イワシの栄養はDHA、EPAだけじゃない。ミネラルも豊富である。
なんといっても、多いのがカルシウム。「泳ぐカルシウム」といわれるほどだ。イワシには、可食部100g中に70mgのカルシウムが含まれているが(生イワシ)、丸干しにすればなんと100g中1,400mgにもなる。さらに、煮干しなら100g中2,200mgも含まれており、吸収率こそかなわないけれど、煮干し10gには牛乳200ml以上に相当するカルシウムが含まれていることになるのです。
また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富。ビタミンDはほとんどの野菜や肉類には含まれておらず、しいたけなどの菌類と魚に含まれているものだ。ビタミンDは日光に当たれば、体内でも作られるものだが、実際にはなかなか日光浴ができない人が多く、現代人にはイワシのビタミンDが強い味方になる。

DDHとは?・EPAとは?
DHA、EPAはともに魚の脂肪分(いわゆる脂質)に含まれているもの。脂質は、たんぱく質、糖質と並ぶ三大栄養素のひとつで、人の身体には欠かせないものなのだ。
脂質を構成している脂肪酸には、炭素の二重結合のない飽和脂肪酸と二重結合が一つの一価不飽和脂肪酸と二重結合が二つ以上の多価不飽和脂肪酸がある。DHAやEPAは二重結合が五つ以上ある多価不飽和脂肪酸である。

但し、飽和脂肪酸は、血中コレステロール濃度を上昇させ、動脈硬化を促進する恐れがあるので、とり過ぎには注意しなければならない。 多価不飽和脂肪酸のうち、サフラワー油などの植物油に多く含まれているリノール酸やリノレイン酸などは人間の体内で合成することができないため、「必須脂肪酸」と呼ばれ、食物から摂取しなければならない。このリノール酸やリノレイン酸が不足すると、皮膚の状態が悪くなったり、成長が止まったりする。またリノール酸には血清脂質改善作用があるといわれている。

多価不飽和脂肪酸であるEPAやDHAには、このリノール酸以上の血清脂質改善作用があるといわれているのです。


高血圧とは血管に高い圧力がかかる状態で、血管を劣化させます。その状態が続くと生命に関わる重い病気に発展する可能性が高くなります。高血圧は怖い病気の原因ともなるため、自覚症状がないことからサイレントキラーとも呼ばれています

高血圧症
エースブロロック

WSJ-サノフィ、将来の成長をどこにみつけるか?
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)製薬大手の仏サノフィ・アベンティス(NYSE:SNY)が開発の後期段階にあった4つの治験薬の開発を断念したのを受け、同社が今後どのように将来の成長を実現できるのか、投資家は困惑している。

開発打ち切りとなったのは抗うつ剤のアミベグロン(一般名)と「SSR149415」(開発コード)のほか、2つの心血管系治療薬。同社はまた、抗うつ剤サレデュタント(一般名)の新薬承認申請(NDA)を提出するかどうかの判断は、2009年上期に完了予定の2つの試験結果にかかっているとした。

同社が31日発表した4-6月期決算は純利益が前年同期比10%減の10億1000万ユーロ、売上高は同3.6%減の66億9000万ユーロ。抗血栓剤「ロベノックス」と「プラビックス」、糖尿病治療薬「ランタス」、ワクチンの増収も、ドル安による影響で相殺された結果となった。

サノフィは、コスト削減を理由に、調整後ベースの2008年通期1株利益見通しをこれまでの7%増から約8%増に上方修正した。しかし株価は下落。米国預託証券(ADR)の31日終値は前日比1.46ドル(4.01%)安の34.96ドル。

2つの主力製品「ロベノックス」と「プラビックス」の特許が2012年までに失効するのを控え、サノフィは将来に向けてますます準備不足となっているもよう。これが株式市場での試練が続くかもしれない理由だ。

巨額の研究開発予算の収益逓減に直面しているのはサノフィだけではない。しかし経費節減が功を奏しても、サノフィ・サンテラボとアベンティスの2004年の合併で約束された収入のほとんどが実現していないのは気掛かりだ。

肥満管理薬「アコンプリア」と抗菌剤「ケテック」の失敗はこれまでも多く書かれている。高血圧症治療薬「デリックス」も失敗した。睡眠薬「アンビエン」の売上高は急減しており、抗がん剤「エロキサチン」の売り上げも圧迫されている。排尿障害治療薬「ザトラル」は“ブロックバスター”(年間売り上げ10億ドル以上)には程遠い。残るは、抗がん剤「タキソテール」といくつかの糖尿病治療薬のみで、これらがかろうじて2008年上期に2けた成長率と、期待に沿う可能性がある。

成長するジェネリック薬(後発の類似医薬品)や強力なワクチン事業をさらに強化するための買収は利益を押し上げるのに有効な手段となるかもしれない。しかし、より徹底的な研究開発活動の見直しこそがサノフィに必要な薬だ。


医者が選ぶ【白髪対策サプリメント】

オンナのバランス、じんわり巡る

大塚製薬の通販【オオツカ・プラスワン】



にほんブログ村 病気ブログ メタボリックシンドロームへ



JUGEMテーマ:メタボ


スポンサーサイト

Trackback