スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>

高血圧症のリスクに注意!



高血圧症など自覚症状がなく
あまり高血圧症のリスクに注意を払わない人が多いいそうです!
メタボリックシンドロームのほとんどの方が、高血圧症だそうです!


これから寒くなってきます。
ほんの少しの気候の変化でも血圧は敏感に反応します!


40歳以上、健康上リスクの自覚少ない――世界10カ国調査で判明

Morristown, NJ, Sept 29, 2008 - (JCN Newswire) - 世界10か国の40歳以上を対象にした調査で、多くの人が、自分は健康上のリスクを冒した生活をしていないと考えているのに対し、実際の生活習慣ではリスクが高い行動が含まれており、認識との間に大きな差があることが明らかになりました。

調査はアルゼンチン、カナダ、中国、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、韓国、スペイン、および米国で実施しました。

全体的に見ると、回答者の約半分以上が、自分は世界一の死因である心血管系疾患(CVD)などのリスクは冒していないと答えています。国によりますが、回答者の約半分から4分の1の人はCVDリスクが高い状態にありましたi。しかし、ほとんどの国でCVDのリスクが高いと考えられる人のうち4分の1以上が、低用量アスピリンの予防効果について医師と相談したことがないと回答しました。

さらに、各国の回答者の多くが、血圧値コレステロール値のチェックには気を遣うにもかかわらず、50歳以降の定期的な乳房X線写真(マンモグラフィ)、前立腺癌検診、大腸内視鏡検査やその他の検査を怠ったり、高血圧症脂質異常症で処方された薬の服用をしていません。

米心臓病協会(AHA)と他の2つの主要な保健組織による報告や、Circulation誌とDiabetes Care誌に掲載された記事によると、アスピリン服用、減量、脂質管理、血圧管理、禁煙などの適切な予防行動により、心筋梗塞の発症を30年間で36パーセント減少できるといわれています。さらに、米国医師会(AMA)は7月、心臓病と脳卒中予防を目的に適切なアスピリン・カウンセリングを行うことの重要性を、医師教育の中で強調するよう方針を出しました。AMAは、患者さんの治療にアスピリン・カウンセリングを適切に組み込んだ場合、心臓病と脳卒中の発生の減少に役立つと述べています。

調査結果は本日、心血管系疾患(CVD)の予防策の普及と啓発を行う世界的なキャンペーンである、世界心臓連合の「世界ハートの日2008」に合わせて発表されました。世界ハートの日2008は9月28日に開催されます。今年のテーマは「自分に潜むリスクを知ろう」で、高血圧症など、心血管系疾患の危険性について理解を深めてもらうことが中心です。キャンペーンの一環として、一般の方を対象とした心臓チェックなどの活動が、世界100か国以上で企画されています。

バイエル ヘルスケア社グローバル研究開発のシニア統括責任者であるウェス・カトナロウスキー医師は「世界ハートの日の開催に際し、この調査から、危険因子についての啓発や、心血管系疾患のリスク管理に関し、行うべきことがまだ多くあることが分かりました。疾患予防に向けて生活習慣を変えること、また、低用量アスピリン療法などの確立されたリスク管理がいかに重要性であるかについて、医師と患者さんが密に相談できるように、世界心臓連合、AHA、AMAなどの世界中の組織が努力しているのと同様、この報告が役立つことを願っています」と述べました。

リスク上昇と認識の差
10か国調査によると、かなりの回答者(最低は韓国の23パーセント、最高は米国の42パーセント)が、自分はCVDのリスクが高いと答えています。調査割合から、リスクを抱える男性40歳以上と女性50歳以上の総数を(抽出元の人口を参考にして)推計すると、驚くべき人数となります。例えば米国では最大4780万人、ドイツでは1260万人、日本では1420万人が、CVDのリスクが高いと考えられますii。

心臓発作や脳卒中の危険因子について、調査結果では全体的に、回答者は「自分はよく知っている」と評価する傾向がありました。 しかし、ここにはいまだ大きな差があります。 ほとんどの国で、心臓発作の危険因子に関しては5人に1人以上が、脳卒中のリスクに関しては4人に1人以上が「知識があるとはいえない」と答えています。そして、ほとんどの国の回答者(74パーセント以上)は、心筋梗塞脳梗塞の再発を防ぐアスピリンの効果と、急性心筋梗塞に服用した場合、救命に有効であることはよく知っていますが、CVDのリスクが高いと思われる大多数の人は、アスピリン服用について医師や医療従事者と一度も相談したことがないと答えています。これは、韓国、スペイン、ドイツ、イタリアなどの国では3分の1以上から半分近くを占めました。

続きは、こちらから>>

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

プレストパウダー (レフィル+パフ)

にほんブログ村 病気ブログ メタボリックシンドロームへ



JUGEMテーマ:メタボ


スポンサーサイト

Comment
Leave a Reply








Trackback