スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>

メタボリックシンドロームの診断基準の矛盾



メタボリックシンドロームの診断基準の矛盾
ウエスト85センチが一の要素になるメタボリックとは・・・?
何か、いい加減な診断基準ですね?


■メタボリックシンドローム・代謝症候群・メタボリック・メタボの概要のすべてをはじめメタボリック予防・メタボリック対応・メタボリック対処このサイトで、知ることができます。
メタボリックシンドロームを分かりやすくご紹介します。日本国内だけではなく、アメリカの情報も含めて、メタボリックシンドロームの予防・メタボリックシンドロームの対応・メタボリックシンドロームの対処方をご紹介いたします。
■メタボリックシンドロームのすべてでは、特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)の基準にではなく、メタボリックシンドロームの危険性・内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症を解説したします。
■特に日本人は民族的特長から、米国人よりこのメタボリックシンドロームに悪影響を受けやすいとされてます。
何故なら、日本は上記の2項目に該当するとメタボリックシンドロームと言う。
それに該当する成人は2/3とも言われる。

危機感はあるが、あまり深刻ではない。
アメリカの場合は、3項目にがいとうするとメタボリックシンドロームと診断され完全な治療を義務ずけられる。
つまり、もうイエローカードが2枚では状態なのです。

そして、ここで気がついたのは、アメリカ人はメタボに強いと言うことです。
メタボに強いのは、民徐苦的食生活の問題である。

もともと肉食の民族で、歯の大きさも違う、体格も違う。
ところが日本人は、体も小さいし。それらのアメリカンスタイルの
食生活には、身体がなじんでいないのだろう・・・?

とにかく、医療機関での検査で、自分に出されるカードは、何枚なのか・・・?
つまり、どのくらいのレベルなのか自覚症状のないメタボリック諸症状が悪化する鹿野聖が近い将来があるのか・・・?

そうでないと初期のメタボっリック患者もかなりの生活改ざんにより
本来の生きる目的を失ってしまうようにも思える。

メタボリック予防・対応は、必要なことです。
でもあまりに・・・ヒステリックに・・・??

メタボリック健康生活コム
メタボリックの緊急時の対応
メタボリックと肥満
JUGEMテーマ:メタボ


スポンサーサイト

Comment
Leave a Reply








Trackback