スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>

メタボリック親爺の医療関係者に問う!

メタボリック親爺の医療関係者に問う!
忙しそうに病院内を駆け巡る医師や看護師。ただ、患者には休日も予告もない!
メタボリック肥満は病気である。それなら何らかの治療をするべきである。
まるで自分の人生だから関係ない!なんて感じの医師にもよく出くわす。

メタボリックもリスクの高い病気も患者にとっては、同じ苦しみで病院へ行く!
リスクが高まらないうちに治療するのも医療ではないか?
それが、メタボ診断の基本的概念ではないのか?

もちろん、この国に期待してはいけない!
自分で食事制限・運動をするしかない?
でも、それもなかなか出来ないのが現状である。
しかし、自分出来ることを最大限にやる。
これが、充足感を味合うことのできる人生ではないのか?

「メタボ対策」に保健指導支援システムを導入
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者、あるいはその予備軍である従業員に対して、管理栄養士がWeb上で生活改善のための指導を行う。 ...

にほんブログ村 病気ブログ メタボリックシンドロームへにほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 健康ブログ 健康法へにほんブログ村 ダイエットブログへ

マカEX



JUGEMテーマ:メタボ


スポンサーサイト

Comment
Leave a Reply








Trackback